スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELT Songs from L.A.

どもども音符

今夜は、購入してから ほとんど毎日のように聴き続けているアルバム
『ELT Songs from L.A.』を
数年前にmixiのレビューに投稿した記事文を織り交ぜながら紹介したいと思います。


1999年、当時のリーダー・五十嵐充の提案によって
Every Little Thingの曲を英語でカヴァーしたのが
この『ELT Songs from L.A.』です。
オリジナルのボーカリストは もちろん持田香織ですが
このアルバムには ジョセフ・ウィリアムスなどの男性ボーカルも参加していて
大いに聴く価値があります。

ELT Songs from L.A.

データベースには
「LAのミュージシャンたちには、
メロ譜とコード進行しかあえて渡さず、
思い思いにアレンジしてもらったため、
R&B、ゴスペル、ジャズなど想像以上に意外性に富んだアルバムとなった」

…と ありますが、まさにその通り。

いきなりオープニングから
マリリン・マーティンの『たとえ遠く離れてても』…
そしてトミー・ファンダーバークの『今でも…あなたが好きだから』と続き
もはや、オリジナルと相反したオリジナルであり「意外」としか言い様がありません。

中でも特に気に入ってるのが
トラック中盤において、
第2期マニアックスのボーカリストであるジョン&メリーのメリーが歌う
名曲『For the moment』です。
ELTが初のオリコン1位を獲得したオリジナルと一味違うイントロで始まり
「Waking from a dream of you so late in the night…」
(あなたの夢から真夜中に目覚めます…/←翻訳は これでいいのか?)
と歌いだす頃には、興奮度はクライマックスに達して
高まる鼓動を抑えきれません。
『Future World』、『Dear My Friend』、『Time goes by』
などのお馴染みの曲も
それぞれ独自のインスピレーションによって生まれ変わり
全く違う世界を創り出しています。


『Over and Over』は、
なんと シカゴ(Chicago)のジェイソン・シェフが歌っていて
シングル化もされています。

☆YouTube - Jason Scheff / over and over


Over and Over - Jason Scheff

 Over and Over
 1999年10月20日発売 ?1,050(税込) CDシングル
 avex trax AVCD-30071


Over and Over - Every Little Thing

 こちらはELTのオリジナルCDジャケット


人それぞれによって このアルバムの印象は違うでしょうし
必ずしも「こうであるべきだ」などとかは言いきれませんが
もしも 誰かと一緒に このアルバム全曲を聴くとするならば
遠距離恋愛中の彼女と久々のデートで
街から田舎へ向けてのドライブ中が最高だと思います。
このアルバムは『たとえ遠く離れてても』で始まり
『出逢った頃のように』で終わります。
聴き覚えのある曲なのに 初めて聴く歌声…
けっして忘れられない思い出になることと思います。
『出逢った頃のように』の聖歌隊のようなコーラスは圧巻でした。
まるで 人生での一つ一つの出逢いを 全て祝福しているかのようです。

ELT Songs from L.A.

01.『たとえ遠く離れてても』☆Vocalist:Marilyn Martin
02.『今でも…あなたが好きだから』☆Vocalist:Tommy Funderburk
03.『Over and Over』☆Vocalist:Jason Scheff
04.『Face the change』☆Vocalist:Amy Sky
05.『Future World』☆Vocalist:Phillip Ingram
06.『For the moment』☆Vocalist:Mary Ramsey
07.『All along』☆Vocalist:Tanya Kelly
08.『Dear My Friend』☆Vocalist:Joseph Williams
09.『Time goes by』☆Vocalist:Natalia
10.『Looking Back On Your Love』☆Vocalist:Lalah Hathaway
11.『Here and everywhere』☆Vocalist:Jevetta Steele
12.『出逢った頃のように』☆Vocalist:Kuk Harrell Choir


僕にも 英語詞で歌える歌(少しあやしい)が数曲ありますが
やはり これらの曲をカラオケで歌うのには かなり無理があるようです(笑)。

幸いにも、リリースして10年以上経った今でも
ネットを通じて購入することが出来ます。
この秋、一味違うELTの音楽世界に出逢ってみるのもいいかもしれませんよ。

ELT Songs from L.A.(1999年10月20日発売)

Amazon.co.jp: ELT Songs from: オムニバス, レイラ・ハザウェイ, ジェベッタ・スティール, クーク・ハーレル聖歌隊, マリリン・マーティン, トミー・ファンダーバーク, ジェイソン・シェフ, エイミー・スカイ, フィリップ・イングラム, メアリー・ラムジー, タニア・ケリー: 音楽



ではではニコニコ


◆2006年10月21日 mixiレビュー『ELT Songs from L.A.』に記載。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。