ろまんちっくろーど

日曜日に妻と二人で神戸元町のプチシアターに演劇を観に行き
その物語の展開で気持ちが高まり 観終わった後に 元町で昼飲みに。
入ったお店は立ち飲み酒屋で 安くて美味しかったので
これまた気分が良くなり、二時間近くも夫婦二人で飲み続けました。

その帰りに元町映画館の前を通ったところ
入り口の前で顔なじみの映画館の方が ご年輩の方と話をされていたので
ほろ酔い気分で陽気だった僕は いつもよりは若干大きな声で挨拶しました。

20150415002.jpg

「ろまんちっくろーど〜金木義男の優雅な人生〜」
というタイトルのドキュメンタリー映画の上映が ちょうど終わられた頃で
そこにおられた ご年輩の方のお名前は 金木義男さん。
なんと、この映画の主役の金木さん御本人だったのです。

そして もうひとかた 金木さんとご一緒に背の高い青年がいらっしゃて
その方が 「ろまんちっくろーど〜金木義男の優雅な人生〜」の監督の
今井 伊織(いおり)さんだったのです。

少々お酒が入っていたというのも 功を奏してか
「宣伝します」と、この時は いつになく積極的な態度な僕。
金木さんと今井さんと妻を交えての四人で
映画館の方に写真を撮っていただき それをスグにFacebookにアップしました。
金木さんと今井さんもFacebookをされていらしたので
友達申請し めでたくお友達になりました。

20150415001.jpg


一週間限定の しかも一日一回の上映のみということで
時間を合わせて観に来るのは難しく思いましたが
どうしても この映画だけは 観たいと願っていたところ
水曜日、タイミング良く上映時間が終わる頃に神戸で用事があったので
映画館に行くことができたのです。

元町映画館に着くと、そこにまた 監督の今井さんがいらっしゃいました。
上映期間中は ずっと映画館の前で宣伝されているようで、
その姿に とても熱いものを感じました。
映画が始まるまで時間があったので 名刺交換していただき
そして いろいろとお話しすることができました。
まさかの共通点が たくさんあって びっくりです。

映画の内容に多少でも触れるのは
観てからのお楽しみということで やめておきたいところですけれども
「100歳生きること」とか 「ずっと勉強していくこと」とか
金木さんご自身の夢について語るシーンなどが すごくよかったです。

金木さんが50年の月日をかけて書いた哲学書「宇宙人のツッコミ」
館内で販売してたので、もちろん 映画を観終わった後 すぐに買いました。

元町映画館から外に出ると そこには今井監督と
主役の金木義男さんが出迎えてくださったのです。

買ったばかりの哲学書「宇宙人のツッコミ」に金木義男さん直筆のサインと握手。
観たばかりの映画の主役の人が ここにいるという現実。
日曜日からの偶然の流れが この瞬間に辿り着くとは…。

そして、金木義男氏の哲学書「宇宙人のツッコミ」は
僕のバイブルとなりました。


20150415003.jpg



スポンサーサイト

Tag:映画 ドキュメンタリー 出会い 感動 偶然 きっかけ 人生

COMMENT 0