スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西播磨応援ブロガーツアー☆我らHIMEJIN

「秋が深まる西はりまを旅してブログを書いてみませんか」という魅力あふれるコピーが目にとまり、先に応募していた妻に続いて「西播磨応援ブロガーツアー」に自分も応募したところ、夫婦二人揃っての参加が決まりました。

2013年11月17日の日曜日、晴れ空の朝、最寄りの江井ヶ島駅より山陽電車に乗って30分ほどで到着する山陽姫路駅へ。

eki001.jpgeki003.jpg

姫路出身の黒田官兵衛を描くNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送が いよいよ間近に迫ってきたこともあり、今以上の観光客を迎える準備が着々と進みつつある印象の強い姫路の街です。

eki002.jpgeki005.jpg

今回のバスは新幹線が発着する駅の駅前で、JR新大阪駅前からJR新神戸駅前とそれぞれの集合発着場所を経てやって来ました。私たちの集合場所であるJR姫路駅前にバスが到着するのは10時の予定だったので、JR姫路駅にあるピオレ姫路がオープンする時間と重なり、駅構内は買い物客や観光客たちがにわかに増え始め、駅南北のロータリーには次から次へとタクシーやバスが発着し続けています。姫路駅は京阪神の主要駅と同様に地域の拠点としてだけではなく 観光都市の玄関口としての機能を十分果たしているようでした。

eki006.jpgeki004.jpg

渋滞の影響で定刻をやや遅れて到着したバスに乗り込み、大阪や神戸から参加された皆様とご一緒に駅の北側へ回り姫路城を目指します。

バスの車内から見た風景。この日、大手前公園では「ひめじ元気まつり」が開催されていました。フリーマーケットや模擬店が出店され こちらも盛況の模様。そして その先に見えるのは天守閣を素屋根に覆われたユネスコの世界文化遺産 国宝 姫路城。

eki007.jpgeki008.jpg

やはり観光客の一番の目的は、修理工事の完成が近づいた姫路城の大天守の外観を間近で見ることの出来る姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」。お城の外堀の南側の駐車場にはは兵庫県外の車が多く目立ちました。

himeji001.jpg

himeji002.jpghimeji003.jpg

tui001.jpghimeji004.jpg

tui002.jpghimeji005.jpg

himeji006.jpg

この美しい天守閣から 姫路の街を望める日も もうすぐです。
himeji007.jpg

私たちが見学を終えて降りて来た時点で 一般の方々は「天空の白鷺」への入場が二時間待ち。
今回のバスツアーに参加しなければ、きっと「天空の白鷺」に訪れて この姫路城の美しい大天守閣を眼前に見ることがなかったと思いますし、いやいや ただただ感動です。来れて見れて本当に幸せです。
お城の中も 外堀のまわりも まるでタイムスリップしたかのよう。

himeji010.jpghimeji009.jpg

himeji011.jpghimeji008.jpg

大人気の姫路城は来場者で混雑していたこともあり 少々予定の時間をオーバーしてしまったので、急ぎ足で姫路城を離れて 次の訪問先である灘菊酒造株式会社さんを目指します。
その道中、バスの中からは かつて姫路駅から手柄山中央公園にあった手柄山駅を結んでいた姫路モノレールの廃線跡が見えました。まさに「現代遺跡」と称されるとおりの路線と支柱の跡。
子供の頃… 両親が健在であった頃の40年ほど昔に 家族で一度姫路を訪れたことがあり、その時の姫路モノレールと遠くにそびえる姫路城のイメージが さながら昔NHKで放送していた人形劇「空中都市008」を彷彿させ、実は そんな未来の都市そのものに見えた姫路への想いは自分にとっては特別なものでもありました。

himeji012.jpg


お城から10分ほどで灘菊酒造さんに到着しました。さすが、国宝姫路城下の酒蔵といった感じの雰囲気です。

nada003.jpgnada002.jpg

nada001.jpgnada004.jpg

そして、明治43年の創業当時の酒蔵にて「大返し飯の昼食」をいただきました。
併せて お酒やボンボン菓子もいただきました。とっても美味しかったです。

nada005.jpgnada006.jpg

nada007.jpgnada008.jpg

灘菊自家製の「ざるこし豆富」が大変美味しかったので、これはお土産に買って帰りました。
そして、バスの中でのジャンケン大会でGETした「本醸造なだぎく」。とっても嬉しいです☆

nada009.jpg

さて、姫路をあとにして 次の目的地の赤穂へ早く移動出来るようにと山陽自動車道を利用することになりました。主催スタッフの方々に感謝です。
山陽道を走行している際に時折小雨がぱらついてきました。そして、赤穂に到着した時は大丈夫でしたが、ガイドさんの説明が始まるや否や 少々雨が降り始めました。でも、ガイドさんの話し振りが面白いので 雨もへっちゃらです。
こちらのガイドさん、12月24日の「第110回 赤穂義士祭」には堀部安兵衛役でご出演されるそうですよ。

ako001.jpg

雨も そう大して長く降ることはなく、城下町赤穂を離れて 相生へ向かう頃にはやみました。
相生に着いたら ど根性大根の「大ちゃん」のお出迎えです。相生では ずっと大ちゃんと行動を共にしました☆

ai001.jpgai002.jpgai003.jpg

最後の目的地の たつの市にあるヒガシマル醤油株式会社さんの「うすくち龍野醤油資料館」では、開館時間を過ぎていましたが 資料館の方が待って出迎えてくださり 詳しくご説明いただきました。
たつの市内を歩いたのは今回が初めて。暗くなる時間帯と重なって風情ある町並みの中に浮かぶ お店の灯りが さらに購買意欲をかきたてます(笑)。

ta001.jpgta002.jpgta003.jpg

赤穂で買った「塩味饅頭」と、龍野で買った「醤油味羊羹」です。

omiyageako.jpg

こちらは ツアーに参加していただいた記念グッズやパンフレットの数々。

nishiharima001.jpg

今回のバスツアーを通じて、広い兵庫県の中の西播磨地域だけでも ものすごく広いということが実感出来ましたし、まだまだ魅力がいっぱいだと思います。たくさんの出会いがありました。「西播磨応援ブロガーツアー」に参加出来て本当に良かったです。ありがとうございました。
全てを紹介しきれなかった 赤穂・相生・たつのの詳細については また後日 あらためて記事にしたいと思います。

姫路にバスが着いたのが6時過ぎ。大阪や神戸の人よりも早く明石江井ケ島へ帰宅するはずかと思いきや、姫路駅北側の「おみぞ筋」にある灘菊酒造さんの「灘菊かっぱ亭」に寄って、「姫路おでん」さらに「大串おでん」等を食べてお腹も満腹です。

omizo004.jpgomizo001.jpg

omizo003.jpgomizo002.jpg

秋の西播磨を おもいっきり満喫した楽しい一日。
思い出がまた一つ増えました。

天空の白鷺 [姫路城大天守修理見学施設]
兵庫県姫路市の酒蔵「灘菊酒造株式会社」
赤穂市/観光案内
白龍城(ペーロンジョウ)
うすくち龍野醤油資料館|知る・楽しむ|ヒガシマル醤油


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
スポンサーサイト

Tag:兵庫県 西播磨 応援 ブログ 姫路 赤穂 相生 たつの 龍野 白鷺城

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。