タイムライン

今も昔もネットの世界に夢中になるからこそ …の話です。

毎日の生活の中で ネットを繰り返し続けていれば
時間の流れが早く感じてしまうのは もう不思議なことではありません。

最近のSNSを中心としたネットライフは
自分がネットを始めた頃の掲示板の巡回等の作業を
先進のシステムによって より簡単にしたものという印象。

ですから、ここに来て 何も迷うことは無かったはずなのですが
簡単だからこそ、つながった人々の日常の出来事を瞬時に容易に閲覧することが可能で
それらの出来事が あたかも自分の目の前で次から次へと瞬時に起こっているような
そんな錯覚に陥ってしまうこともあります。
ひょっとしたら それらは「錯覚」などというテキトーなものではなく
その全てが現実であり…と考えているうちに 思いがけない方へと引きずり込まれているような…

日夜 めまぐるしく流れる皆さんのタイムラインでも
そこに出てくる顔は知っていても ほとんど話をしたことがない相手や
一度も他のメディア等を通じて声を聞いたことの無い相手や
一生 会うこともないような相手や
そんな人物の言葉が大半を占めているのではないでしょうか?

そして、文章と写真だけで 人や物のイメージが作られている…

でも、本当のところ 僕はといえば
知らない誰かの言葉に左右されるような愚かな自分ではいたくないという
胸中には 逞しい自分自身も存在しているわけであるから
やはり実際は 何事に対しても 決してぶれません。

偉大な身近な知人の言葉を借りて言うなら
とことんまで勉強して 多くの技術を体得し 自らの歴史を重ねてこそ
すべてを自由に表現できるのだと。

正にその通り。
20世紀末にデザイン業界から一度身を引いた後、放浪の果てに運送屋に辿り着き、
そして そこで一流の運転手になろうと決意した自分です。
石の上にも三年といいますが、それ以上に志しが高かった結果、
他の運転手の誰からも目標とされるようなプロのトラックドライバーとなりました。
やがて 運転手をしながら 会社の運行業務全体を指揮する配車係も兼任しました。
デザイン業界に復帰した後の今日までも、何度か応援を頼まれ運送屋に出向きますが
自分への信頼は変わることはありません。

そして 現在、毎月 異業種交流会を主催しています。
豊かな経験と 確かな実績があってこそ ずっと続けられるのだと自負しております。

今日も明日もタイムラインを眺めてはいるけれど
心惹かれる記事をシェアしている方々自身の実際はどうなんだろう?

僕は これからも とことんまで勉強して 多くの技術を体得し 自らの歴史を重ねていきます。
それが 自分自身のタイムライン。

江井島広告制作ポスター3

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
スポンサーサイト

Tag:インターネット 掲示板 SNS タイムライン Twitter Facebook ソーシャル ネットワーク ブログ

COMMENT 0