スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に想いを

小学生の時、高知の[こどものくに]の近くにあったプラネタリウムに行ったことがあります。
ドーム型の建物の中で 満天に映しだされた無数の星々に感激したものです。
それから星に興味を抱くようになり 様々な星座や恒星の名前などをおぼえました。
中でも、北極星を中心に回る北斗七星とカシオペア、
冬の東の空から堂々と現れる三ツ星を胸に抱いたオリオンなどが お気に入りでした。
ウルトラマンの故郷M78星雲を探したり、
宇宙戦艦ヤマトがマゼラン星雲を目指した際にオリオン座のα星で波動砲を撃ったなどと
星を巡る空想世界に浸るのを楽しんでいました。

しかし、それ以来プラネタリウムに行ったのは三十年以上も経ってからのことです。
明石に引っ越してきて 数年後に明石市立天文科学館でプラネタリウムを体験しました。
いやあ… 久々のプラネタリウム 本当に感動しました。

081217006.jpg
■2008年12月14日撮影

それほど好きならば、その後も幾度となく通い続けているのかと思いきや
その一回きりで この5年ほどの間 プラネタリウムには行っていません。
以前は 仕事帰りに気軽に居酒屋に入るような感覚で行けるような
そんなプラネタリウムを求めていたはずなのに
今は近くに存在しているため いつでも行けるという感覚が強すぎるのでしょうか。

テレビショッピングで見て衝動買いした天体望遠鏡さえも、
実際 月のクレーターを見て満足するにとどまり、その後も殆ど望遠鏡を覗いたことはなく
部屋の真ん中で 三本脚で立つ飾り物になってしまっていました。
たまに洋服掛けの役目を果たしていたのですが
結局、自分が知らないうちに妻が粗大ゴミに出してしまったのです。

そんなことですから
子供の頃のように 星に想いを馳せる日々が来ることは もうあり得ないのかも知れません。
広大な宇宙への入り口… そこは僕からは 遥か遠いところにあるようです。

081217009.jpg
■2008年12月14日撮影

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
スポンサーサイト

Tag:明石市立 天文科学館 プラネタリウム 宇宙

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。