FC2ブログ

もう一度、アニメじゃないヤマトを見たい☆

mixiでは 最近は 少し辛口で(笑)つぶやく程度だけど、Facebookでは 自然と宇宙戦艦ヤマトの宣伝(?)を結構している今日この頃。
少し前にmixiに投稿した日記と同じ内容を この「豚肉キャベツ」にも投稿したいと思います、
… なんだか 久しぶりの更新ですなぁ。

6535835_610518254_65large.jpg

ハンドルネームで交流するmixiと違ってFacebookは本名でのSNSだから自らが異業種交流会とかを主催していることもあってリアルな関係が多いのですが、お初にお目にかかった人から「ヤマトといえばKURACHAN♪」「KURACHAN♪といえばヤマト」と言われ、ヤマトを知らない世代からは ヤマト以外のアニメの話題を真っ先に持ってこられます。
でも、それは 困るのだ…
なぜかといえば、僕がヤマト以外のアニメを知らないから…
無論、高校生ぐらいまでは 999やガンダムの映画を友達と一緒に観に行ってたりしてたけど
それ以降のアニメについては 全くと言って興味がありません。

宇宙戦艦ヤマトそのものが大好きだから、復活篇は 久々の劇場でのヤマトを心から観たいと願い、試写会に当たった瞬間に狂喜乱舞し、大スクリーンに復活したヤマトに涙しました。
アルフィーの歌には 愛すべき地球とヤマトへの熱い想いがこめられていました。

待望の実写版キムタクヤマトは、ヤマト本来のテーマを持った人間ドラマに ふたたび心が熱くなりました。より多くの人に「ヤマト」の名を再認識させ、興行的にも素晴らしい結果になったと思います。

宇宙戦艦ヤマト2199は 、絵も綺麗で動きもよく 懐かしい曲も聴けて 良いリメイク作品だとは思います。普段はバラエティしか見ないガキンチョも BDの前に釘付けになり、その速いストーリー展開に驚いていました。
だけど、残念ながら… これには僕自身は まったく燃えんのだ… 熱くならんのだ…
「宇宙戦艦ヤマト」と「2199」の名を冠しているのに、なぜヤマトが 僕の心で熱く羽ばたかないのか?
こんなにもヤマトが好きなのに…

我々の若かりし頃に夢見ていたものが ヤマトの熱い精神テーマとドンピシャだったように
宇宙戦艦ヤマトこそが これからの時代の牽引となるべきものだという熱く大きな期待を持ちすぎたせいか、現段階での アニメの世界だけでの この流れには やっぱり不満足なんでしょうな。2199はアニメ作品であってもアニメとは別の世界でも注目されるべきだと願っていましたがアニメという枠組みの中に収まりすぎてしまっているような気がしてなりません。
それでも 「ヤマトといえばKURACHAN♪」「KURACHAN♪といえばヤマト」と呼ばれ続けるのは嬉しい。
これからも 一人でも多くの人に「宇宙戦艦ヤマト」というキーワードをシェアし続けるのでしょうね。
スポンサーサイト



Tag:宇宙戦艦ヤマト ブログ 豚肉キャベツ

COMMENT 2

葵  2013, 05. 28 [Tue] 20:01

今時の子供達も根っこは同じだと。

イマドキアニメを見ていると、萌えとかなんとか言われるんですが、結局のところ子供達もハートフルなものが好きなんですよ。
萌えは、人間を描いてナンボの付属品ですから。(決してエロサービスが萌えの定義じゃないのです)
ポケモンの初期TV話とか、アンパンマンやドラえもんの映画だって、至極ハートフルな話です。
私達が夢中になった昭和のヤマトには、それがしっかりあったと思ってます。
2199は、理屈はあれこれ、絵は綺麗でメカは活躍しますが人間そのものにあまりハートを感じられないでいます。
同じように感じられる方がいるというのは嬉しい限りです。

Edit | Reply | 

KURACHAN♪  2013, 05. 29 [Wed] 13:58

葵さん、コメントありがとうございます。
「偽装」やらなんじゃらとか、一貫性を保つための どうでもいい行き過ぎた設定とか、2199に登場するヤマトのネーミング自体やデザインそのものが「ヤマト」で あることの必要性を ずっと疑問に思っているので… これは恐らく最後の最後まで解消されないと思います。
やっぱり、我々が初めて目にした あの「宇宙戦艦ヤマト」こそが本物ということで… とても複雑ですが… でも、よかったですね。あの素晴らしい時代を共有出来て これからも語り合える…ホント こちらこそ嬉しい限りです。

Edit | Reply |