スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運び屋回想録002☆連日の定期便!明石~商都~湾岸を駆けろ!

昨夜から、こうして運送屋当時の記憶を呼び覚ましていると

なんだか 今でもトラックに乗り続けているような不思議な気持ちになってきました(笑)。

大型トラック

【コース002☆メーカー工場製品倉庫運搬業務】(4t ワイド ウイング)

三田(6:00出発)→明石魚住(7:30~荷降ろし~8:30)→稲美(9:00 業務伝達等)

→茨木(10:00~荷積み~11:00)→堺(13:00~荷降ろし~13:30)→

→茨木(14:30~荷積み~15:00)→堺(16:00~荷降ろし~16:30~宵積み~17:00)

→大阪此花(17:30~宵積み~18:00)→三田(20:00業務終了)


コース002☆メーカー工場製品倉庫運搬業務
とにかく、めっちゃ走るコースです。

早朝に三田の会社を出発し 吉川・三木を経由し明石市魚住へ。

荷降しが終われば、稲美にある元請けの某運送会社に寄って 業務連絡や高速券を受け取り

その後、三木小野インターから山陽・中国・名神の各高速道路を経て 大阪茨木の工場へ向かいます。

茨木の工場から製品を積んで 堺にある倉庫会社に降ろして、また茨木の工場に戻ります。

そして ここでもう一度 製品を積んで堺に向かうのです。

堺の倉庫会社ですが、実は降ろす倉庫が それぞれ1kmぐらい離れた場所に3箇所あって

製品の種類や量によって降ろす倉庫が違うのです。(その都度指示されます)

ここでは 明石の工場に翌朝降ろす製品の宵積みも行います。

宵積み(ヨイヅミ)とは、朝一番出発の荷物を前日の夜にあらかじめ積み込んでおく事をいいます。


さらに、茨木~堺を1.5往復した後に向かう場所は 大阪市此花区にある工場です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン潤・ゥら 程近い場所にあるこの工場では

堺の倉庫に無い製品を追加して宵積みします。


これでようやく 43号線を経て六甲トンネルを抜けて 三田への帰途となるのです。



このコースの最大の目玉の【茨木~堺間1.5往復】…

茨木から名神高速道路を経由し、阪神高速池田線の豊中から環状線に入り、

そして湾岸線を走り堺の工場に向かう道のりなのですが

やはり最大の敵は大渋滞でした(笑)。


自然渋滞というやつですから、大きな事故でもない限り 車は少しずつでも前進しています。

環状線を走るのが苦手な人も多いと聞きますが、慣れれば 簡単です。

…が、しかし、この渋滞ほど気分を害するものはありません。

でも 、なぜか いつも大渋滞であっても 時間通りに運行出来るのは不思議でした(苦笑)。



このコースでは、朝一番に明石市魚住にある某メーカーの倉庫で荷降ろしをするわけですが

そこは 現在の住まいから たった2、3分で行ける場所です。

当時は三田に居住していたので、やはり会社に帰っていましたが

でも、もし今と 同じ所に住んでいたら

わざわざ遠い道のりを走ることなくそのまま直帰できたのかも知れません。

そう思えば 全線高速利用ですし、コース的には楽であるとも思えます。

ま、それも でっかいトラックをとめておける場所があったならばのことですし…

このコースも 僕は3ヶ月ほどしか担当しなかったので、結局は 何とも言えないかな?


ものは考えようで、ちょっとしたドライブかプチ旅行だと思っていれば

もう少し楽に仕事が出来ていたのでしょうね。



☆YouTube - Traveling

スポンサーサイト

COMMENT - 2

KURACHAN♪  2009, 02. 01 [Sun] 22:04

☆ぽぽさま
ぽぽさんのお家の近くにも配達に行ったことがあります。
もしかしたら、ぽぽさん家にも 配達したことがあるかも知れませんですだよ(・o・)♪
はーい  ぽぽさんにお会いする時にまでは痩せるようにしますねヽ(^o^)丿

Edit | Reply | 

ぽぽ  2009, 02. 01 [Sun] 19:24

一日に これだけ走っていたのですか(@@)
運転が好きじゃないと出来ない仕事ですね^^;
その頃のKURACHANさんは スマートだったのかな?
今は 出会った事がないので知りませんが(笑)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。