美と感動の飛騨にて

小学校卒業と同時に岐阜県吉城郡古川町(現=飛騨市)の伯母宅にひきとられたという話を
昨年末に創刊した「はりまなだぶんがく」に書きました。
あの自分史を書いたことが きっかけで いろいろなことを思い出したので
飛騨古川の中学入学当時のことやら 思い出話を書いてみようと思います。


白壁の土蔵作りの美しい町並。
町を流れる宮川の岸から、
穂高・槍・乗鞍などの勇壮な北アルプスを見晴らす叙情あふれる風景。
飛騨といえば高山が有名ですが、古川も飛騨を代表する素晴しい町であります。

入学したのは古川中学校。
「髪切って来いナ」…案の定、先生からの言葉。
当時の飛騨地方の中学校は、男子は全員丸刈が校則でした。

野球部に入部希望だった僕は「野球するなら どっちにしろ丸坊主、別にしかたないか…」
僕は丸刈にすると、交通事故の怪我の跡の10円ハゲが完全にわかってしまいます。
多少の抵抗はあったものの、
翌日からご自慢の(?)長髪をバサッと切り にこやかに登校しました。

結局、同級生達に10円ハゲがばれてしまいました。
そのことで馬鹿にされたり、いじめられたりはしまいかと心配でしたが、
しかし彼らは それが事故で出来た傷だと知るなり、
今 僕が元気でいることをまるで自分のことのように喜んでくれたのでした。

そんな同級生たちの、
飛騨の透き通ったきれいな空気みたいに澄んだ瞳を今でも忘れることはありません。

しかし、冬のスキー授業での彼らは鬼でした。
本格的にスキーを滑るのが初めてであった僕を 徹底的にしごいたのです。
直滑降がやっとで スキー板を履いてリフトに乗るのも怖い僕が
他の生徒たちと同じように出来るわけがありません。

しごきは更にエスカレートして
今度は雪の窪みを台にしてジャンプしてみろと要求してきました。
他のやつら全員が出来るのに 僕だけが出来ないのもしゃくだったので
勇気を出して飛んでみることに。

なんと、生まれながらの天才(自称)の僕は
一か八か なんとか良いカタチで飛べました。(記憶が曖昧)
が…しかし、その後も 容赦なしの猛特訓は続いたのでした。(こいつら悪魔や~)

野球だったら 逆に思う存分 暴れてやると心に秘めていましたが、
実際 飛騨の冬は長かったのです。
雪は なかなか融けることなくグランドは使えません。
そして春先まで、基礎体力をつけるため ずっとスキー練習がメインの野球部。
雪国の悪夢は まだまだ続くのでした。

612fa5f196a63e407fffc688a1495fac_s.jpg

南国高知から転校してきた僕にとって、そんな雪国の冬の忘れられない思い出があります。

飛騨の初冬。その日は野球部の練習も早く終わり、
帰りに同級生の洞口君の家へ遊びに行きました。
いわゆる道草です。

もう中学生だというのに プロレスごっことかして楽しく遊んでいたら
時間の過ぎるのは あっという間でした。
そろそろ帰るかな…。

洞口君のお母さんに「雪降るかも知れんね…気をつけてお帰りナ…」と
優しい言葉で見送られました。
でも、空は雪など降る様子もないほど晴れています。
「天気予報で言ってたのかな?」

帰りが遅くなったので近道をしていこうと考え、
宮川の対岸の山沿いにある養鶏場を抜けて帰れば近いと思った僕は、
通常の帰り道ではない橋向かいの養鶏場方面へスタコラ歩いて行きました。

緩やかな山道を抜けると養鶏場の裏口があるのですが、
そこは通常門ではないためか裏口の門は施錠されて閉まっていました。
その門の横は有刺鉄線が張りめぐらされ 行く手をさえぎっています。

いつの間にか、どんよりと曇った空になってきました。
さっきまでの青空はどこにいってしまったのでしょう。
そして日没の時間になったのか、あたりはだんだん薄暗くなっていました。

その時、手の甲に冷たいものが…
「雪だ…!!」。
それも高知ではけっして見たことのない大粒の雪です。

雪は やむ様子など一向になく、次第に激しさを増してきました。
黒い学生服も白衣に早変わり。辺りは、いつのまにか銀世界。

一瞬にして降り積もった雪のせいで道は消えていました。
どこへ引き返せばよいのか まったくわかりませんでした。
当然、足跡もありません。それでも雪は追い打ちをかけるように、どんどん降り続けます。

僕は、町からすぐそこの場所で遭難しかけているのです。
寒い!…もう震えが止まりません。ここで凍死するかも知れない!
この世に生を受け、こんな不安な気持ちになったことはありません。パニックでした。

「とりあえず引き返さないと…」
一歩足を踏み外せば斜面から下へ転げ落ちそうな場所を、慎重に恐る恐る歩きました。
歩いたというよりも 四つん這いになって
ただ地面の有る無しを確かめるように進んでいきました。

それから どれぐらいの時間が経ったのでしょうか、
真っ暗闇の中、もうダメかと思った時、ふと顔を上げたら おぼろげに光が射しました。
それは宮川の橋のたもとにある細い電柱の小さな光でした。

奇跡です。助かったのです。ここまで来たら帰ることができます。

思い返せば、洞口君のお母さんの「雪降るかも知れんね…気をつけてお帰りナ…」の言葉は、
雪国で生まれ育ったその土地の人でなければ出ることのない言葉だったのではと思います。
僕が遭難しかけていたなどとは、きっと夢にも思ってなかったことでしょう。
実際、橋のたもとから養鶏場までの距離はわずか100mしかなかったのですから…。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
スポンサーサイト

Tag:自分史 飛騨 古川 野球部

描いて叶えて年を越す

2016年 最後の日となりました。

いろいろと区切りをつけるつもりで迎えた12月でしたが
12月2日の夜に道を歩いていて 突然 畑に転落し、手や肋骨など三ヶ所を骨折しました。

翌3日には 主催する「ふれんどらいん」の50回記念異業種ビジネス忘年会だったので
痛いなどと言っている場合ではなく、でも 正直 かなりキツかったのですが
しかし、なんとか 自分の描いていた通りの会を開催することができました。

20161231001.jpg

様々な職種の方々が「つながり」について討論するという試みだった
フューチャーデザインシンポジウムも

20161231002.jpg

2017年を占うスペシャルセッションも

参加された方々による それぞれの思いを込めた物販も

どれもこれもが素晴らしく、50回の区切りとなるには相応しすぎる内容でした。

20161231005.jpg


12月17日には 本づくり教室の仲間との合作の「はりまなだぶんがく」が創刊。

20161231003.jpg

その中で わずか30頁にも満たない短い自分史ではありますが
小学校二年生の時の高知新聞に掲載された作文(タイトルは「ハナクソ」)以来
自分の文章を活字にして世の中に発表することが出来ました。


今月は、今年中に 会いたいと思っていた人には会うことができましたし
そんな たくさんの皆さんに お会い出来たことによって
また 新たなる方向性も見つかったと思います。

「はりまなだぶんがく」に書いた「自分をたどる物語」と同じ結びの文となりますが
これまで支えてくださった皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

20161231004.jpg


2017年も どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

自分をたどる物語

このたび 異世代交流スペース カブスデブースにおいて、
カブス出版さん主催の本づくり教室に参加しました。

20161112001.jpg

僕は 400字詰原稿用紙で およそ30枚分の自分史を書き綴りました。
その 本づくり教室の先生と生徒
合わせて6人が書いた小説や自分史などの作品をまとめたものが
いよいよ一冊の本になります。

これに先立ち
11月12日 土曜日、加古郡播磨町の福祉会館において
「東播磨地域づくり応援事業講演会」と題して
本づくり教室仲間の藤本明生さんの講演会が行われました。

20161112002.jpg

藤本さんの講演のテーマは、
「キリマンジャロで弾語りに再挑戦!を本にします!」というもので
ご自身の目標とすることや人生観など
歌を交えて90分間 熱く楽しく語られました。

20161112003.jpg20161112004.jpg

詳しくは 藤本明生さんのホームページをご覧ください。
藤本明生、キリマンジャロ弾き語りに挑戦!

20161112005.jpg

藤本さんが おっしゃられたように
文章に残すことは 後世に残すこと
自分史を書くことによって、過去の自分に気づく
そして、これからの生き方が明確になる

まさに その通りでした。
本づくり教室に参加して、本当によかったと思います。

まもなくアマゾンからもネット販売されます。
よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

Tag: ブログ 出版 自分史

2016年12月3日(土)午後3時から、神戸市須磨区の『シーパル須磨』で
ふれんどらいん50回記念大会 2016異業種ビジネス忘年会を開催します。
是非 皆様ご参加いただきますよう よろしくお願いします。

20161203.jpg

この会では、広告とデザインの観点でビジネス集客を考察し辿り着いた
「つながりをデザインする」というテーマでの
フューチャーデザイン ビジネス シンポジウムを行います。

夢の顔合わせです☆

《パネリストの皆さん》 ※敬称略
歌崎 雅弘(一般社団法人 今未来 代表理事/経済評論家)
中山 戒仁(NPO法人ライフネットワークかけはし 理事長/僧職)
西口 竜司(神戸マリン総合法律事務所 代表弁護士)
松下 由加(株式会社エコ・フリューション 代表取締役 )
山本 真大(D-Architects 代表/デザイナー )


そして、ヒーリングサロン&スクールのMANA-MANA 真由美さんによる
マナカードで2017年を占う!というセッションも行いますよ(^o^)

また当日は 会場内での販売が可能です。
物販等を希望される方は お気軽にお問い合わせください。

50回記念大会 異業種ビジネス忘年会の詳細は ふれんどらいんの特設ページから。
参加お申し込みは特設ページのメールフォームよりお願いいたします。

50回記念大会 of ふれんどらいん



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

Tag:兵庫県 明石市 交流会 異業種 神戸 オフ会 忘年会 ビジネス 占い 販売

ようやく 映画「君の名は。」を観てきました。

公開してから 既に一ヶ月以上が経ってしまい
空前の大ヒット記録更新中ということもあって
ネタバレを含む様々な情報が あちらこちらで拡散され
もう既に観た気分になってはいましたが(笑)

やはり情報過多の現代、人気映画は公開後 すぐ観るに限ります。

それにしても、何もかも細かいところまで 丁寧に描写された作品でした。
それこそ 完全にネタバレになるので ここでは あまり書きませんが
観た後にも いろいろな感想投稿や映画批評などを検証するたびに
ゾクゾクとした感覚が身体を走ります。

自分と重なる部分といえば
高校時代の友達との関係とか 日常の過ごし方とか 趣味とか。

昔、イラストレーターになりたかった僕の近くには
インダストリアルデザイナーを目指している友達がいて
彼と一緒に どこかの店に行くと必ず
「ここのカウンターの作りはすごい」
「この階段の手摺は 握りやすいように かなり工夫されている」
などと 設計やデザインに関する会話を交わしたりしたものです。

映画で描かれていた田舎の高校の部室には
天文部やアマチュア無線部などの看板があったり 古い小物があったりで
時の流れを懐かしく感じることもできました。

その田舎の方は岐阜県の飛騨地方が舞台ということで
飛騨弁そのものかどうかはわかりませんが
毎日耳にしていた方言を久しぶりに思い出したりして楽しかったです。

ただ、実際の飛騨の暮らしでは 湖という存在には あまり馴染みはなく
高い山々から流れくだる川の存在の方が 人々の生活に大きく関わっていたと思います。

さて、前回のブログでは 飛騨古川に住んでいた云々の記事を書きました。

20160930.jpg

これは 飛騨市(旧 吉城郡古川町)と 高山市(旧 吉城郡国府町)との
ちょうど境界標示のある国道41号線沿いが写った写真です。
右側の草が覆い茂っている場所に 伯母の家と会社事務所と工場がありました。

ここに住んでいた当時の この周辺は田んぼと畑ばかりで
工場の裏から少しのところに 宮川が流れていました。
宮川は公害病のイタイイタイ病で問題となった神通川の支流で
高山市に編入された 旧 大野郡 宮村 が源です。

中学校への通学は 野球部の練習等の時間の都合で
スクールバスや自転車のどちらかでしたが
自転車での帰り道、天候条件が良ければ
宮川の堤防沿いから北アルプスの高い山々を望むことができて
バスよりも自転車で通学することが多かったように思えます。

20世紀の終わり頃に国道41号線の国府古川バイパスが開通してからは
近くに大型ショッピングセンターなどもオープンしたこともあって
当時の面影は ほとんど残っていないような感じです。


新海誠 監督作品「星を追う子ども」の主題歌「Hello Goodbye & Hello」
大成建設 CM アニメ 「ボスポラス海峡トンネル」篇 での「ファイト!」
これらを歌ったのは熊木杏里。

それらと同様に 今回の「君の名は。」で、
たとえ 主題歌ではなくても 挿入歌としてでも
新海監督と同じ長野県出身の熊木杏里が参加していたら どうなっていたのか?

「前前前世」をはじめとするRADWIMPSの曲は 毎日何度もFMで流れていて
知らず知らずのうちに歌詞も覚えて馴染みの深いものとなっていました。
もちろん 映画を観終わった今では これらの楽曲以外の主題歌は考えられません。

でも、熊木杏里ファンの自分は
初めて「君の名は。」というタイトルを知った時
「君の名前」という曲を主題歌として重ねてみたのも事実でした。

君の名前/熊木杏里



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

Tag:飛騨 ブログ 君の名は。 デザイン 熊木杏里 映画 岐阜